WebHelper.dllは何ですか?

お勧め: Windowsのエラーと最適化システムのパフォーマンスを修正するにはここをクリック

TODO:File descriptionまたはIE browser helper objectとして知られるプロセスは、TODO:Company nameまたはHewlett-Packard(www.hp.com)製ソフトウェアTODO:Product nameまたはHP Web HelperまたはHP eHelpに属します。

説明: WebHelper.dllは、Windowsに必要不可欠ではないため、多くの場合問題を引き起こす可能性があります。 WebHelper.dllがあるのはC:¥Windowsのサブフォルダー - 通常C:\ Windows \ pchealth \ helpctr \ Vendors \ CN = Hewlett-Packard、L = Cupertino、S = Ca、C = US \ plugin \ 。 Windows 10/8/7 / XPでの既知のファイルサイズは217, 088バイト(全発生数の56%)または208, 896バイトです。

この.dllファイルは、Webブラウザを起動するたびに自動的に実行されるブラウザヘルパーオブジェクト(BHO)です。 BHOは、ファイアウォールによってブラウザ自体の一部として識別されるため、パーソナルファイアウォールによって阻止されません。 BHOは多くの場合、アドウェアやスパイウェアによって使用されます。 このBHOで使用されるIDには、AAAE832A-5FFF-4661-9C8F-369692D1DCB9があります。 プログラムは表示されません。 ファイルはWindowsのフォルダーにありますが、Windowsのコアファイルではありません。 Internet Explorerの動作を変更したり、Internet Explorerを監視したりできます。 これはWindowsのシステムファイルではありません。 したがって、技術的なセキュリティ評価は65%危険ですが、またユーザーレビューを読むべきです。

この変種のアンインストール:コントロールパネル⇒プログラムのアンインストール⇒HP Web Helperを使ってプログラムをアンインストールすることが可能です。

重要:マルウェアが、WebHelper.dllに成り済ますことがあります。 そのため、PC上でWebHelper.dllプロセスをチェックし、それが脅威であるかどうかを確認してください。 WebHelper.dllがブラウザの検索エンジンとスタートページを変更した場合は、次のようにしてブラウザのデフォルト設定を復元できます。

Internet Explorerのデフォルトのブラウザ設定をリセットする

  1. Internet Explorerで、Alt + Xのキーの組み合わせを押して[ ツール ]メニューを開きます。
  2. インターネットオプションをクリックします
  3. 詳細設定タブをクリックします。
  4. リセット...ボタンをクリックしてください。
  5. 個人設定削除オプションを有効にします。
これにより、Internet Explorerがデフォルト設定にリセットされます。 お使いのブラウザはポップアップ、広告、クッキーなしでなじみのあるスタートページと検索エンジンで起動しますが、全てのブラウザアドオンも削除されます[1]。 セキュリティタスクマネージャを使って、ブラウザとコンピュータのクリーンアップをより簡単で安全にします。

  1. Chromeブラウザのアドレスバーにchrome:// settings / resetProfileSettingsをコピーします。
  2. リセットをクリックします。
その後、Chromeは、ポップアップ、広告、Cookie、テーマ、拡張機能なしで、デフォルトの検索エンジンとして空のスタートページとGoogleで再起動します[1]。 一部の拡張機能を再度有効にしたい場合は、Chromeブラウザのアドレスバーにchrome:// extensions /と入力してください。 セキュリティタスクマネージャを使って、ブラウザとコンピュータのクリーンアップをより簡単で安全にします。


破損したシステムを修復するには、次のようにする必要があり ダウンロードPc修理&オプティマイザツール

今すぐそれを修正します!

  1. Firefoxブラウザのアドレスバーにabout:supportをコピーします。
  2. Firefoxを更新をクリックします。
Firefoxは今真新しく見えます。 ブックマークと保存されたパスワードは保持されますが、すべてのブラウザ拡張とそれらに関連するデータは削除されます[1]。 セキュリティタスクマネージャを使って、ブラウザとコンピュータのクリーンアップをより簡単で安全にします。

次のプログラムも、より深い分析に役立つことがわかっています。セキュリティタスクマネージャは、コンピュータ上でアクティブなWebHelperプロセスを調べ、それが何をしているのかを明確に伝えます。 Malwarebytesの有名なBマルウェア対策ツールは、コンピュータ上のWebHelper.dllに迷惑な広告が表示されて速度が遅くなるかどうかを示します。 この種の不要なアドウェアプログラムは、一部のウイルス対策ソフトウェアではウイルスとは見なされないため、駆除対象としてマークされません。

クリーングパソコンはPCに関わる問題が解決できる重要なことです。 これは、マルウェアのスキャン、1 cleanmgrと2 sfc / scannow、3不要になったプログラムのアンインストール、自動起動プログラムのチェック(4 msconfigを使用)、およびWindows 5の自動更新の有効化を使用してハードドライブをクリーニングすることを意味します。 常に定期的なバックアップを実行すること、または少なくとも復元ポイントを設定することを忘れないでください。

実際に問題が発生した場合は、最後に行ったこと、または最初に問題が発生する前に最後にインストールしたことを思い出してください。 6 resmonコマンドを使用して、問題を引き起こしているプロセスを特定します。 深刻な問題が発生した場合でも、Windowsを再インストールするのではなく、インストールを修復するか、Windows 8以降のバージョンの場合は7 DISM.exe / Online / Cleanup-image / Restorehealthコマンドを実行してください。 これにより、データを失うことなくオペレーティングシステムを修復できます。

nvtelemetrycontainer.exe itoolsbho.dll aips.exe WebHelper.dll bcssync.exe jsloader.dll wpsservice20.exe wmiadap.exe umvpfsrv.exe modledkey.exe zeoniefavclient.dll

私たちは、あなたのPc上でエラーを解決するために、このツールを使用することをお勧めします。 このプログラムは、一般的なコンピュータのエラーは、ファイルの損失からあなたを守る修正し、マルウェア、ハードウェア障害と最高のパフォーマンスのためにPcを最適化します。 あなたはすぐにあなたのPcの問題を修正し、本ソフトウェアを他のエラーの発生を防止することができます。

1.ダウンロードPc修理&オプティマイザツール

2.お使いのPcの問題を引き起こす可能性がありますWindowsレジストリの問題を見つけるために、「スキャン開始」をクリックしてください。

3.すべての問題を解決するために、「すべてリセット」をクリックします。

ダウンロード


推奨されます

quickset.exeは何ですか?
2019
Adobe Acrobat Update Serviceウイルスを削除する方法
2019
sfc_os.dllとは何ですか?
2019