OfficeClickToRun.exeは何ですか?

お勧め: Windowsのエラーと最適化システムのパフォーマンスを修正するにはここをクリック

WindowsのタスクマネージャでOfficeClickToRun.exeプロセス

Microsoft Officeクイック実行またはMicrosoft Officeクイック実行(SxS)またはMicrosoft Officeクイック実行(PreSxS)と呼ばれるプロセス

Microsoft Office(バージョン365 - en-us、365 ProPlus - en-us、365 Business - en-us、365 Small Business Premium、365 Home Premium - en-us、365 ProPlus - es-es、365 - ru -ru、365 - nb-no)、またはMicrosoft Office Professional Plus(バージョン2016、2013)またはMicrosoft Office Home and Student(バージョン2013、2016)またはMicrosoft Office Home and Business(バージョン2013、2016)またはMicrosoft OneNote Home and Student (バージョン2016)またはMicrosoft Project Professional(バージョン2016)またはMicrosoft OneNote(バージョン2013 - en-us)またはMicrosoft Office Professional(バージョン2016、2013)またはMicrosoft Office ClicktoRunまたはMicrosoft OneDrive for Business(バージョン2013)またはMicrosoft Publisher(バージョン2013)バージョン2013 - ja-jp)

マイクロソフト(www.microsoft.com)によって。

説明: OfficeClickToRun.exeは、Windowsに不可欠ではないため、多くの場合問題を引き起こすことになります。 OfficeClickToRun.exeがあるのは "C:¥Program Files¥Common Files"のサブフォルダー - 通常C:\ Program Files \ Common Files \ Microsoft Shared \ ClickToRun \ 。 Windows 10/8/7 / XPにおける既知のファイルサイズは、3, 971, 264バイト(全発生の3%)、8, 063, 656バイトおよびその他の109種類です。 サービスとして実行され、サービス名はClickToRunSvcです。?リソース調整、バックグラウンドストリーミング、およびMicrosoft Office製品のシステム統合とそれらに関連する更新を管理します。

これはWindowsのシステムファイルではありません。 プログラムには表示ウィンドウがありません。 このファイルは信頼できる会社によって認定されています。 OfficeClickToRun.exeは、アプリケーションを監視し、キーボードとマウスの入力を記録することができます。 したがって、技術的なセキュリティ評価は6%危険です。 しかし、この評価をユーザーレビューと比較する必要があります。

この亜種のアンインストール:ソフトウェア発行元であるマイクロソフトは直接サポートを提供しています(office.microsoft.com)。 [コントロールパネル]アプレットの[プログラムのアンインストール]を使用して、 Microsoft Office Professional Plus 2016またはMicrosoft Office 365をアンインストールできます。

もし、 "C:¥Program Files"のサブフォルダーにOfficeClickToRun.exeがある場合は、セキュリティ評価は21%危険です。 ファイルサイズは2, 774, 104バイト(全発生数の6%)、2, 443, 960バイト、その他51種類のファイルです。 プログラムには表示ウィンドウがありません。 OfficeClickToRun.exeはデジタル署名されています。 これはWindowsのシステムファイルではありません。 OfficeClickToRun.exeは、キーボードとマウスの入力を記録し、アプリケーションを監視することができます。

この亜種のアンインストール:ソフトウェア発行元であるマイクロソフトは直接サポートを提供しています(office.microsoft.com)。 [コントロールパネル]アプレットの[プログラムのアンインストール]を使用して、 Microsoft Office 365 - en-usまたはMicrosoft Office Home and Student 2013をコンピューターからアンインストールできます。

重要:特に、このファイルがC:\ WindowsまたはC:\ Windows \ System32フォルダーにある場合はマルウェアです。 そのため、PC上でOfficeClickToRun.exeプロセスをチェックし、それが脅威であるかどうかを確認してください。 コンピュータのセキュリティを確認するために、 セキュリティタスクマネージャをお勧めします。 これは、 The Washington PostおよびPC Worldトップダウンロードのおすすめの 1つです。

クリーングパソコンはOfficeClickToRunに関わる問題が解決できる重要なことです。 これは、マルウェアのスキャン、1 cleanmgrと2 sfc / scannow、3不要になったプログラムのアンインストール、自動起動プログラムのチェック(4 msconfigを使用)、およびWindows 5の自動更新の有効化を使用してハードドライブをクリーニングすることを意味します。 常に定期的なバックアップを実行すること、または少なくとも復元ポイントを設定することを忘れないでください。

実際に問題が発生した場合は、最後に行ったこと、または最初に問題が発生する前に最後にインストールしたことを思い出してください。 6 resmonコマンドを使用して、問題を引き起こしているプロセスを特定します。 深刻な問題が発生した場合でも、Windowsを再インストールするのではなく、インストールを修復するか、Windows 8以降のバージョンの場合は7 DISM.exe / Online / Cleanup-image / Restorehealthコマンドを実行してください。 これにより、データを失うことなくオペレーティングシステムを修復できます。

あなたのコンピュータ上のOfficeClickToRun.exeプロセスを分析するのを助けるために、以下のプログラムは有用であることが証明されています。 独自のセキュリティリスク評価は、プロセスが潜在的なスパイウェア、マルウェア、またはトロイの木馬である可能性を示します。 B Malwarebytes Anti-Malwareは、睡眠中のスパイウェア、アドウェア、トロイの木馬、キーロガー、マルウェア、およびトラッカーをハードドライブから検出して削除します。

関連ファイル

hookkey32.dll avshadow.exe ekrn.exe OfficeClickToRun.exe appnhost.exe daemonu.exe adb.exe bingsvc.exe iedownloadmenuandbtns.dll intelmefwservice.exe wltray.exe

私たちは、あなたのPc上でエラーを解決するために、このツールを使用することをお勧めします。 このプログラムは、一般的なコンピュータのエラーは、ファイルの損失からあなたを守る修正し、マルウェア、ハードウェア障害と最高のパフォーマンスのためにPcを最適化します。 あなたはすぐにあなたのPcの問題を修正し、本ソフトウェアを他のエラーの発生を防止することができます。

1.ダウンロードPc修理&オプティマイザツール

2.お使いのPcの問題を引き起こす可能性がありますWindowsレジストリの問題を見つけるために、「スキャン開始」をクリックしてください。

3.すべての問題を解決するために、「すべてリセット」をクリックします。

ダウンロード


推奨されます

LSC.exeとは何ですか?
2019
AutoPicoウイルスを削除する方法
2019
task.vbsとは何ですか?
2019