outlook.exeは何ですか?

お勧め: Windowsのエラーと最適化システムのパフォーマンスを修正するにはここをクリック

本当のoutlook.exeファイルはMicrosoft Corporationの Microsoft Office Outlookのソフトウェアコンポーネントです。

"Outlook.exe"は、危険なワームが自分自身を偽装するために既知の安全なアプリケーションの名前を使用する方法を示しています。 program filesフォルダ(デフォルトでは "C:\ Program Files")は、Microsoft Officeの正規のMicrosoft Outlook個人情報管理アプリケーションまたは危険なW32.Alcra.Fワームによって落とされた自己コピーのいずれかのパスを開始します。 Office XP以降のすべてのバージョンのOutlookのデフォルトのインストールパスには "\ Microsoft Office \ Officenn"が含まれていますが、ワームは "C:\ Program Files \ outlook \ outlook.exe"を使用しています。 2桁の "nn"インジケータは、Office XPの場合は "10"から始まり、Officeバージョンごとに1ずつ増えて(13をスキップ)、Office 2016の場合は "16"になります。 Office 2010)では、 "\ Microsoft Office n \ ClientX64 \ root \ Officenn"が使用されます(32ビットインストールの場合は "\ ClientX86 \")。 ビジネスエディションのOfficeのMicrosoft Outlookは、企業がこれらをインストールしている場合はExchange ServerまたはSharePoint Serverと連携でき、共有とコラボレーションが強化されます。 消費者向けエディションはできません。

見通しはMicrosoft Office Outlookの略

ファイル名の.exe拡張子は、exeファイルのカット可能ファイルを示します。 実行可能ファイルは、場合によってはコンピュータに害を及ぼすことがあります。 そのため、下記の説明を読んで、コンピュータ上のoutlook.exeがあなたが削除するべきトロイの木馬であるかどうか、それがWindowsオペレーティングシステムまたは信頼できるアプリケーションに属するファイルであるかどうかを判断してください。

WindowsのタスクマネージャーでのOutlook.exeプロセス

Microsoft OutlookまたはMicrosoft Office Outlookとして知られるプロセスは、ソフトウェアMicrosoft Office Shared(バージョン64ビットセットアップ、64ビット)またはMicrosoft Office Professional Plus(バージョン2010、2016、2013)、またはMicrosoft Office OutlookまたはMicrosoft Office Accessセットアップメタデータに属しますMicrosoftによるMUIまたはMicrosoft Office Office(バージョン64ビットコンポーネント)またはMicrosoft Office SmallまたはMicrosoft Office共有セットアップメタデータMUIまたはMicrosoft Office Professional Hybrid(バージョン2007)。

説明: Outlook.exeは、Windows OSに不可欠ではないため、問題は比較的少ないです。 Outlook.exeがあるのは "C:¥Program Files(x86)"のサブフォルダー - 通常C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office14 \ 。 Windows 10/8/7 / XP上の既知のファイルサイズは13, 179, 660バイト(全発生の83%)、196, 440バイトそしてその他7種類の変種です。

これはWindowsのコアファイルではありません。 Outlook.exeは信頼できる会社によって認定されています。 Outlook.exeはキーボードとマウスの入力を記録することができます。 したがって、テクニカルセキュリティ評価は16%危険ですが、ユーザレビューも考慮に入れる必要があります。

この亜種のアンインストール:outlook.exeに問題がある場合は、次のことを行う必要があります。

ポールコリンズからの外部情報:

同じ名前の異なるファイルがあります。

  • 「見通し」は絶対に必要ありません。 SDBOT-RU WORMによって追加されました。
  • 「システム」は絶対に必要ありません。 MIMAIL.Q WORMによって追加されました。 Microsoftのoutlook.exeはProgram Filesサブディレクトリにあり、C:\ WindowsまたはC:\ Winntにあります。

重要:特に、このファイルがC:\ WindowsまたはC:\ Windows \ System32フォルダーにある場合はマルウェアです。 そのため、PC上のoutlook.exeプロセスをチェックし、それが脅威であるかどうかを確認してください。 コンピュータのセキュリティを確認するために、 セキュリティタスクマネージャをお勧めします。 これは、 The Washington PostおよびPC Worldトップダウンロードのおすすめの 1つです。

クリーングパソコンはOutlookに関わる問題が解決できる重要なことです。 これは、マルウェアのスキャン、1 cleanmgrと2 sfc / scannow、3不要になったプログラムのアンインストール、自動起動プログラムのチェック(4 msconfigを使用)、およびWindows 5の自動更新の有効化を使用してハードドライブをクリーニングすることを意味します。 常に定期的なバックアップを実行すること、または少なくとも復元ポイントを設定することを忘れないでください。

実際に問題が発生した場合は、最後に行ったこと、または最初に問題が発生する前に最後にインストールしたことを思い出してください。 6 resmonコマンドを使用して、問題を引き起こしているプロセスを特定します。 深刻な問題が発生した場合でも、Windowsを再インストールするのではなく、インストールを修復するか、Windows 8以降のバージョンの場合は7 DISM.exe / Online / Cleanup-image / Restorehealthコマンドを実行してください。 これにより、データを失うことなくオペレーティングシステムを修復できます。


破損したシステムを修復するには、次のようにする必要があり ダウンロードPc修理&オプティマイザツール

今すぐそれを修正します!

コンピュータ上のoutlook.exeプロセスの分析には、次のプログラムが役に立つことが証明されています。セキュリティタスクマネージャは、キーボードとブラウザの監視や自動起動エントリなどの隠しプロセスを含む、実行中のWindowsタスクをすべて表示します。 独自のセキュリティリスク評価は、プロセスが潜在的なスパイウェア、マルウェア、またはトロイの木馬である可能性を示します。 B Malwarebytes Anti-Malwareは、睡眠中のスパイウェア、アドウェア、トロイの木馬、キーロガー、マルウェア、およびトラッカーをハードドライブから検出して削除します。

関連ファイル

ezsp_px.exe yc.exe rzmaelstromvadstreamingservice.exe outlook.exe avgrsa.exe apnmcp.exe claro.dll plfsetl.exe 1f0fb7c2d13cc0c07ff2ca40747bc03e_remove360.bat notepad.exe secupdutilsvc.exe

私たちは、あなたのPc上でエラーを解決するために、このツールを使用することをお勧めします。 このプログラムは、一般的なコンピュータのエラーは、ファイルの損失からあなたを守る修正し、マルウェア、ハードウェア障害と最高のパフォーマンスのためにPcを最適化します。 あなたはすぐにあなたのPcの問題を修正し、本ソフトウェアを他のエラーの発生を防止することができます。

1.ダウンロードPc修理&オプティマイザツール

2.お使いのPcの問題を引き起こす可能性がありますWindowsレジストリの問題を見つけるために、「スキャン開始」をクリックしてください。

3.すべての問題を解決するために、「すべてリセット」をクリックします。

ダウンロード


推奨されます

caffeine.exeとは何ですか?
2019
brwc.exeは何ですか?
2019
mpssvc.exeとは何ですか?
2019